スポンサードリンク

結婚式のお呼ばれにも♪名刺サイズのミニ財布♪【雑誌掲載】極小財布(メタリック) ベッカー...
スポンサードリンク

ショール羽織るだけで簡単ゴージャス!パーティー結婚式二次会にも♪○【楽天最安値に挑戦!】...

新郎新婦入場の曲選び

結婚式の曲選びって、考えるだけでワクワクしてきますよね。中には、式場に任せちゃう人もいるかもしれませんが、どうせだったら自分たちのイメージに合わせた曲を選びたいですね。
一口に結婚式の曲と言っても、用意しなければならない曲・場面は膨大な量になります。披露宴で考えると、まずは迎賓の曲です。迎賓とは披露宴開宴前に列席者をお迎えする場面なので、落ち着いた選曲が喜ばれるようです。しかし、列席者も緊張のためかほとんどしゃべらないため、披露宴中最も静かな時間でもあります。あえて新郎新婦の思い入れのある曲を流すのもいいかもしれません。
次に新郎新婦の登場の曲です。まだ緊張が残る列席者のためにも、華やかでありながらも落ち着きのある曲調が好まれます。しかし最近はアップテンポの曲も使われるようになっているので、デートのときによく聴いた曲などを流し、司会者にナレーションを加えてもらうというのもいいのではないでしょうか?でも近頃はヒットチャートに出てくるような曲が好まれているようです。

神経を使う選曲

入場が終わると、プロフィール紹介に入ります。新郎新婦の生い立ちや現在に至るまでの過程を司会者が紹介する場面です。ここはやはり司会者の声が聞こえなければ仕方ありませんので、静かな曲(インストロメンタルやオルゴールなど)がいいでしょう。
さて、続く乾杯で第一の盛り上がりを見せます。乾杯の音頭をとりやすいように、出だしにインパクトのある曲を持ってくるといいでしょう。
乾杯が終われば食事・歓談に入ります。このシーンの選曲は少々難しく、神経を使います。ことによるとシーンと静まり返ってしまう場面ですので、選曲も慎重に行ないましょう。この場面では、BGMの音量が大きすぎると会話をしづらくなってしまいますし、逆に小さすぎると遠慮して小声で話すようになってしまいます。明るめの曲を微妙な音量調整しながら流すようにするといいでしょう。

ドラマチックに

歓談も一段落すると、第二の盛り上がり場面であるケーキ入刀があります。感動的なシーンだけに、ドラマチックな展開のある曲を選曲しましょう。また、入刀後にファーストバイトがある場合には最低でも2〜3曲用意しておく必要があります。
ケーキ入刀の後はお色直しです。中座と入場の2種類必要になります。中座はしっとりとした曲を、入場は最初の新郎新婦入場のときのものよりもさらに明るめでアップテンポな選曲だと一層盛り上がるでしょう。
引き続いて友人スピーチや両親への手紙などが行なわれます。終盤に差し掛かった披露宴を感動の涙に包む、落ち着いた選曲が好まれます。
そして最後に新郎新婦の退場となります。感動的な場面のあとなので、余韻を残すようなものや感動的なバラードが好まれるでしょう。
結婚式の曲は結婚式の印象を強くつけるものです。曲数は多くなりますが、結婚式の曲選びを2人でするのも楽しいものです。結婚式の曲選び、もう済みましたか?

結婚式の曲